忍者ブログ

幻日記

お絵描き&ゲーム制作好きの ひとりごと日記

今日見た変な残酷な夢

文章に、だけど一応残酷描写に注意…かな?
昨日夜1時ごろに寝ました。その時かなーり変な残酷な夢を見たので書いておきます。
夢から目が覚めてすぐにメモったので今回は間違いは無いかと思います。

夢の世界は中世ヨーロッパ。ゲームっぽい空想的な「ドラクエ」「ファイナルファンタジー」ではなく
ゲームで言うと「モンスターハンター」とか「KnightOnline」とか「オブリビオン」に似た写実的だったような。
自分はある国の兵士である国と戦争する事になり、戦争が始まりましたとさ。けど・・・
戦うルールが意味不明なんです(´・ω・`)
確かこんなん。下の絵は適当ですが本当は中世ヨーロッパらしく鎧着てました。↓
まず最前列の兵隊が向かい合って座ります。
後ろには大勢の兵隊が並んで勝負が終わるのを待っています。
そして手に持っているハムを早くナイフで半分に切った方が勝ち。というものでした…。
いやぁ…本当に意味不明(つω・`)
写実的な割りにやることがゲームっぽい(?)
しかしこの戦争、一見かわいらしく見えるかもしれませんがかなり残酷なでした。なぜなら…
負けた兵は後ろに立っている兵に刀で頭の皮を剥がれて殺されてしまう
というルールがありました(つω;`)
この夢最大の謎は何故対戦者の後ろに立っている兵が座ってる兵の皮を剥ぐか、と言う事です。
この頭の皮を剥ぐ兵隊は今思うと敵兵か味方兵か全く分りません。
(上の絵では赤が味方、青が敵として描きましたが…)
自分の国の兵隊がどんどん頭の皮を剥がされて殺されていく様を見ながら
「もうすぐで自分の番か…負けたらどうしよう。
早く家帰ってシンセサイザー弾きたい」
とか思いながら待っていました。
ちゃんと夢と認識しているのかしていないのか「家に帰ってシンセ弾きたい」と思った辺りが中途半端(つω・`)
そんでもって自分の番が回ってきてしまいました(つω-`)
そして勝負開始。ナイフで一生懸命ハムを切っているんですが厚くてなかなか硬いんですね。
(今思うとハムと言うより乾燥しててガチガチでビーフジャーキーみたいなものかな)
なかなか切れないな~と思ってハっと敵国の兵を見ると
敵国兵がニヤニヤ笑いながら半分になったハムを持っているんですよね。
「あ・・・負けた^^」とか言ってたらいきなり後ろからムンズと髪の毛をつかまれ死んでしまいました;;
笑いながら「負けた^^」とか言ったのは夢だと確信したからだと思います^^;
意外と死ぬ瞬間は全然痛くなくて苦しまなくて一瞬でした。
そして気がついたらまた並んで勝負するの待ってるんですよね。
なんかもう戦争というよりゲームやってるみたいヽ(´・ω・`)ノ
また自分の番が回ってきて勝負したら今度は勝ちました。そして目が覚めましたが…。

以前にもっと残酷な夢を見た事があるのですが…何故か夢の中の間は
「怖い」とか「気持ち悪い」とかそういう事を思わないんですね。

てかこの話長々と書き込んでいたら3/15日になってしまった(つω・`)
なんか眠たいですタイ・・・。
もう寝なきゃ・・・。そいではおやすみなさい。今日はさいなり(´・ω・`)ノシ


…ちなみに以前見た「もっと残酷な夢」を手短に文で説明します。
大丈夫だと思うけど気分を害する人も居ると思うのであぶり出しです。↓

自分を追ってきて襲い掛かってくるターミネーター的な男が居て
その男をどでかい包丁で両手両足切断してしまうというもの…。
切る瞬間は力を込めて切る、とかじゃなくてケーキを切る感覚みたいに
軽く押すだけでスパっと切れてしまったような…。
しかも切ってもいつの間にか再生してまた襲ってくるし。
男が追ってくる⇒男から逃げる⇒追いつかれる⇒両手両足切って動けなくして逃げる⇒再生してる
の繰り返し…。あの頃は精神的にまいってたのかなぁ(つω;`)

拍手