忍者ブログ

幻日記

お絵描き&ゲーム制作好きの ひとりごと日記

ぱっくんちょ

Windows7からの投稿。
Windowsでおなじみのペイントは使い慣れてるつもりでしたが
今までと思いっきり仕様が変わっててビックリしましただ(つд・)


おいしそうなので思わずやってしまったそうです。
たこやきの味がしたそうですよ(あのアゴ味覚あるのかしら)。



ここから絵を描いてて考えた、ちょっとマジメなお話。

愛があれば何でも描ける!」という言葉を何度も耳にしましたし
ネット上でもよく見かけるのですが、私は逆でございます。
心から大好きなキャラクターを何度も描ける方は
極めてポジティブ思考の方なのでは、と考えています。

描きたいキャラクターが好きすぎると、かえって描けなくなっちゃいます。
これは描き手側の性格や描き方によるものなんでしょうかね。
単純に好きなキャラクターが描けなかった場合を想像して
萎縮しちゃうということもありますが
キャラクターを描いてる最中に、その好きなキャラクターを下書き段階で
白骨化させたり、丸裸にしたり、ボウズにさせる必要が出てきます。
見たくない、描きたくない部分も描かないといけない時ってありますよね。
絵を上手に描くには、手先の器用さより観察力が大事だと思っているのですが
見たくない部分も見なければならないことも多々ありますよね。

そう言えば私は絵を描くことに関してだけでなくて尊敬しすぎてる人も
なんだか距離を置きたいというか、あえて何も知りたくないということがあります。
ある偉い先生が「尊敬は想像からしか生まれない」という言葉を
おっしゃてたのを覚えてるのですが、ホントに的を得た言葉だなーと思います。

拍手